スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
芝刈った庭とクレマチス
2006/09/12(Tue)

Niwa911c_2 Niwa911d_1

秋に染まりつつある庭だけど、芝生がボーボーに伸びていた庭でした。
でも今朝、ようやっと芝刈りをしましたよ~~。
長く伸び過ぎていたから刈り跡が黄色い場所もあるけれど、庭が生き返った感じがします。
ありっ?・・芝刈りの時避けた鉢がそのままです。{困った}
結局夜になってもそのままでした。{笑い}

手前のアーチの「カザグルマ」は葉が枯れています。
去年も一昨年も同じように枯れてたので潮風に弱いのかもしれません。
クレマチスの種類も増えたので、他のものと植え替えることにしました。
いつまでも葉が生き生きしている種類が良いなー。
アーチの天辺で咲いているのは「マクロペタラ 」の3番花?です。
右の写真・・・樽植えのマーガレットですが、切り戻し後の蕾がやっと沢山上がってきました。
初夏のように咲いてくれるかしら?


Niwa911b

ここのマーガレットも同じように切り戻ししたんだけど、何故かこっちの方が良い成績です。
日当たの具合かなー?
来年はこの場所に、もっとクレマチスを植える予定です。
もちろん硬い雪の下になっても大丈夫なように、新枝咲きの種類です。


Niwa911a

 

竹が重なって見づらいけど、左から6本はコンテナに挿してあります。
右の2本は壁に立てかけてクレマチス「ジュビリー・70」を絡ませてます。
昨日は陽射しと風が強かったので球根ベゴニアをここに避難させました。
だからですね。ゴチャゴチャして見づらいのは・・・・。

Niwa912a Kure912b

増殖を続ける、クレマチスの「レッドバード・ジョンソン」と「ダッチェス・オブ・アルバニー」です。
上の方は咲き終わった花ガラが多くなったけど、下部や中間はツルが暴れまくっています。
全くこれと「篭口」は、剪定無しで冬を迎えそうです。

左下に見える赤い花は「ペルゴナム」。
昨年はとても大きく育ったのに、途中で腐ってしまいました。
越冬は無理かと思っていたら、小さな芽が1本だけ無事だったのです。
成長がとっても早いので、雪が降るまでは大株になりそうです。


Niwa912d

電信柱の輪切りの上を優雅に散歩するラムです。
相変わらず庭以外何処へも行きません。(たまに脱走してるみたいだけど)


Niwa912c

クレマチス「ピール」、ピンクの「カスミソウ」、サルビアの「コクシニア」を植えた樽です。
・・・そうそう、「コキア」もだったっけ。
カスミソウは昨日抜いちゃいました。
ピールは花が終わってしまいました。(ちっこかった)
だから元気なのはコキアとコクシニアだけです。


Niwa912b Hana912

この左もコクシニアを植えた樽です。 どうも立ち枯れが多くて(株元に虫が入るか病気になるかだそう)大分数が減って来ました。 この樽には赤とピンク、そして白をミックスして植えてあります。 右は「オキシペタラム」のアップ(実物よりアップ画像の方が綺麗?)です。
花の大きさは2センチくらい、こんもり繁るでもなく長く伸びるでもなく。
上手く育てられないので来年は植えません。{悲しい}
スポンサーサイト
この記事のURL | 庭の様子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ロウグチ 穂高 アーネストマークハム | メイン | ベティコーニングと黄色いカンナ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mugiramu.blog37.fc2.com/tb.php/65-5ebaa7a8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。