スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
頑張れ!ラム!
2008/11/06(Thu)
沢山コメントを頂いてるのに、返事を後回しにしてラムのことを書きたいと思います。

色々心配掛けてしまってごめんなさい。m(__)m
いくらか元気になって来ているので、老衰で死ぬのはまだ先のようです。(*^_^*)

その異変に気が付いたのは10月31日のお昼過ぎでした。
朝は何時ものように3分くらいのお散歩・・。
・・・そして何故か突然に動かなくなってしまいました。

実はラム、この数日間は異常な吐き方をしていました。
今までも一週間に1~2回吐いていたので、猫ってそんなものだと思っていた私。
とても不安になり、「猫が吐く」で検索してみたら・・・。
一日に数回も吐く場合は、やっぱり異常なんだそうです。
この日は前日から、何時も以上に吐いていたのに・・・。
・・・・全くもって迂闊でした。(-_-;)

でも本当に突然だったんです。
10月31日のお昼過ぎ、何時もと違うベットの場所で体を長くして寝ているラムを見ました。
あれ?っと思い、名前を呼んでも反応がありません。
頭も持ち上がらず、目の生気も失われていたのです。
さっきまで元気だったはずなのに・・・。

ramu1102_20081105175028.jpg
(11月2日、何故か窓辺にいたラム。)
これが最後かと思って、何十枚も写真に撮った私。(笑)


吐き方が酷かったので、その時は毒でも飲んだのかと思いました。
もしかして先日、狐シッポに何かされたのかとか、外で農薬の入った水でも飲んだのかとか。
「老衰だな、多分。」
「餌を食わないのはもう長くないってことだな。」
「覚悟しとけよ。」
「ラムの寿命なのかもな。」
そうオットに言われたけど、まだ気持ちの準備が出来てない自分がいました。
突然だったので何をして良いのかも分からず・・・。
でも病院へ連れて行く気はありませんでした。
過去に一度だけ病院へ行った後、酷い状態になったことがあったのです。
「こういう猫がたまにいるのよ。この猫、自分では死ぬと思ってるんだよ。」
そう言って笑った獣医さん。(-_-;)
それ以来病気一つしなかったのが、ラムにとっては本当に幸せでしたね。

だから寿命なら仕方ないと・・・辛い思いはさせたくありませんでした。
「今日死ぬのかな?明日死ぬのかな?」との私の問いに
「頭を持ち上げているからまだ大丈夫かな。」と慰められて。
・・・・・涙が溢れてしまいました。

その日の夜中。
目覚めて触った手に、生きている感触が伝わって来ませんでした。
体の盛り上がりが無くて冷たくて動かなくて・・・。
死んだんだ!
焦って飛び起きましたね。
心臓が早鐘のようでした。
でもほとんど動かなかったけど、ラムは小さく小さく息をしていたのです。

それからは、「ラム生きてるかな?」とベットを覗く回数が多くなって・・・。(笑)
でもトイレだけは、量は少ないながら朝と夜に1回ずつおしっこをしていました。

カバ茶を何度も飲んだと言っては喜び。
顔を近づけたらゴロゴロ言ってくれたと喜び。
伸びをした言っては喜び。
毛づくろいをしたと言っては喜び。
「ラム元気になったと思わない?」とそのつど聞くと、「さあ、どうかな?」と言うオット。
蹴っ飛ばしてやりたかったですね。

少しずつ回復の兆しを見せていたラムですが・・・・餌だけは全く食べませんでした。

いくらか元気になった数日前・・・。
これなら病院へ連れていっても大丈夫かな?
栄養剤を打ってもらったほうが良いのかな?
でももしかして明日は餌を食べるかも・・・。
そう思って行くのを躊躇していたのですが・・・。
餌を食べなくても大丈夫なのは、カバノアナタケ茶のせいかもしれません。
たんぱく質とか脂質や糖質とか食物繊維とか・・・そういうのが含まれてるお茶だったのです。
お茶だけは濃い目にかかわらず、何度も飲んでくれてました。

昨日のことです。
「餌が中国産とかで、農薬が入ってるってことは無いよな。」
突然言ったオットの言葉がショックでした。
もしかして・・・もしかして・・・。
だから餌を食べようとしないんだろうか?
そう言えばこの餌を食べ出してから良く吐くようになったみたいな・・・。(-_-;)

esa.jpg
でもこれ、もう3袋目です。
この袋の中にも子袋が1個しか残っていませんでした。
ラムがこうなった原因はまだ分かりませんが、老衰では無いような気がしています。
だって本当に突然の事だったんだもの・・・。

そして昨日のことでした。
あれから初めて、ラムが餌を食べてくれました。
しかも今まで見向きもしなかった缶詰タイプの餌です。
小さじ一杯くらいの量だったけど、食べてくれただけで本当に嬉しかったです。
そのせいか今日のお昼過ぎにはウンチも出ました。
もっともトイレに2つ、布団の上に3つですが・・・。(-_-;)

ただ・・・少しだけですがベットの横に吐いた後があったのがチョッと不安です。

頑張れ!ラム!

Banner_02_2  

Raizrogo_3


スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(20) | ▲ top
<<芝生をはがすのって大変なのね | メイン | よし!・・芝生をはがすぞー!>>
コメント
- 20歳なら新記録だよね。 -
確か長生きでも18歳までみたいだったと思いますから。元気に若々しく長生きして欲しいです。
ラムちゃんなら絶対出来るよ。

芝生はがしてくれる良いお友達がいて羨ましい。だんなさんも初めは、嫌がっていたはずじゃなかった。
でも麦さんの希望を聞いてくれる嬉しい良いだんな様ですね。
私の所こうは行かない。でも家の中はやっちゃったもの勝ちで自分の思うとおりに模様替えしている。笑!
麦さんの所みたいにいらないもの捨てれたらすっきりするのに出来ないのが残念!
本当になんでこんなに捨てられないのかと思うほど、
家の中は物がひしめいてる。
余計なことを。
芝生はがした所にはどんな花が植えられるか来春が待ちどうしいまだ早いよねいくらなんでも。
でも来年お楽しみが出来て嬉しいです。
何はともあれ健康バンザイですね。
2008/11/11 12:12  | URL | natuki #-[ 編集]
- くぅさんへ -
一昨日からオットと喧嘩してるから、かっこいいなんて言わないでください!(笑)
でも本来男は弱いのだそうで・・。(←母曰く)
ラムは強かったです。(←メス)
本当に頑張って回復してくれました。
こうなったら20歳過ぎまで生きて欲しいな。(*^_^*)


2008/11/10 23:03  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- ぴゅーさんへ -
ラムだってもしかしたらペットフードが原因じゃなかったかも知れないもの。
あの急変は何が原因だったか分からないけど、餌を替えたら再び食べ始めたのは確かです。
不思議と吐くことも無くなりました。
今日はすっかり元のラムに戻った感じ!


2008/11/10 22:56  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- イクラさんへ -
心配してくれて嬉しかったです。
オットより大事なラムだったので・・・。(笑)
でも自然体でここまで回復するとは思ってなかった。
神様に感謝しています。
・・・良かった良かった。(*^_^*)
2008/11/10 22:51  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- natukiさんへ -
ラムを見てもらいたいわ。
おばあちゃんなのに本当に可愛いんだよ。(親ばか)
日に日に元気になって来るラムを見て、私も元気をもらっています。
良かったわ~~~。♪
2008/11/10 22:48  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- フローラさんへ -
同じです。
先日友人のマルチーズが病院で注射を打った後、死んでしまいました。
とてもショックを受けて毎日泣いていたそうです。
本当に「訴えてやれば良いのに」と思いました。
ラムの強い生命力に感謝しています。
2008/11/10 22:46  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- こんばんは! -
何はともあれ、一安心ですね…。
今回、麦さんが報告…そして皆さんのコメント…見ながら、私も色々考えさせられました。

ペットを飼ったその日から、いずれ、必ず[その時]は来るのだと改めて、感じさせられる出来事でした。

でもこのピンチを乗り越えたラムちゃんは、きっと猫界の記録を塗り替えてくれる!!
何となく、そんな事を思っています(^-^)

フローラさんの言うように、麦さん…可愛らしい!
そして、さり気なく麦さんを励ます旦那さんも、カッコイイ(^-^)

又、ラムちゃんのお散歩姿がupされるのを楽しみに待ってます(^-^)v
2008/11/09 18:54  | URL | くぅ #-[ 編集]
- 少し安心! -
実際のラムちゃんを見れないので、まだ心配な私。

私も心配のあまり、ドライフードに関して変なコメントお許し下さい(o_ _)o))
ウチで食べさせていた、ドライも今は低マグネシュームと表示され改良されています。
皆さんに不安な思いさせたかもしれません・・ごめんなさい。
2008/11/09 16:45  | URL | ぴゅー #-[ 編集]
- ヨカッタ~ -
私の心配し過ぎで「変なコメント」をしてしまい~麦さんゴメンナサイ!!!
ラムちゃん復活された様で、ヨカッタです~安心しました。
出来れば自然体で治癒するのが一番望ましいですしね、このまま元気になります様に~
ラムちゃん~良く頑張りましたネ~
麦さんのお世話の甲斐がありましたネ!
2008/11/09 10:28  | URL | イクラ #-[ 編集]
- 本当に良かった。 -
昨日家の裏で南側の駐車場で似た猫を見たとき、
もしやと思ってしまいました。
でも、もしかしたら超能力で、ラムちゃん遊びに来たかな。すごく似てたのよ。でも他猫の空似だな。
でもまだ若い猫みたいだったから
一緒に見た娘が携帯で写真取りましたがぼけていて消してしまった。
元気に長生きしてね。皆がラムちゃん麦さんファンだよ。花達だって元気なラムちゃんいたら喜んで咲いてくれるよ。
2008/11/09 10:23  | URL | natuki #-[ 編集]
- 良かったですね~~。 -
おはようございます♪
元気な時は感じないけれど、やはり健康が一番ですね。
病院に心配でつれて行けなかった・・・よ~く解ります。
我が家でも、昔辛い思い出があります。
息子の強い希望で、ポメラニアンを離乳食の頃から飼い、我が家の次男になったんです。(雌でしたが弟なんです)
3年目に散歩時に怪我をしてきて、クリニックで処置と注射をした後から、急変し亡くなったんです。
それ以来ペットは飼えなくなりました(T_T)
ラムちゃんの寿命はまだまだですよ。
2008/11/09 06:48  | URL | フローラ #-[ 編集]
- 再びまとめてお返事で・・m(__)m -
心配してくださった沢山の暖かいコメント。
本当に本当にありがとうございます。
ラムは一進一退を繰り返していましたが、昨日から驚くほど回復してきました。
一昨日の夜はもう一度、やっぱり駄目かなと思ったのですが・・。
今日はみるみる元気になりました。(^^♪
「ラムもう大丈夫だよね。」と聞くと、「多分な。」の答え・・・。
今朝など、保護者付ですが30秒ほど外へ出ました。
一昨日までは今にも崩れそうな歩き方だったのに、今日は生意気にものっしのっしです。(*^_^*)
餌も少しだけど食べてます。
一気にグルメへ昇格の、シーバのデュオ!(笑)
食べてくれて元気になるのなら何でも良いです。
昨日は少しだけ吐いたけど、今日は全然穏やかです。
以前のようにおしっこの回数と量も多くなって来ました。
パソコンを打ちながら「ラムちーん。」と呼ぶと、一瞬大きく反応して、迷惑そうな顔をしながら又寝ます。
続けて呼んでも反応は耳だけ・・。

ありがとう♪・・・・・今とっても幸せです。(^^♪

くぅさんへ
今夜のラムは何事も無かったように穏やかです。
これが長く続いてくれれば良いな。
せめて後2年!
ラムのフワフワを感じていたいです。
心配してくれて本当にありがとう。


フローラさんへ
回復は無理だと思いました。
でも・・・あれは何だったんでしょうね。
元気なラムを見るのが今の私の一番の幸せだけど、もう一度同じ思いを味わうんですよね。
仕方ないけど。。。。。。。

で、あっしだけど・・・可愛いの?(爆)


natukiさんへ
ありがとう!
勇気100倍ですよ。
ラムは絶対に大丈夫!・・・そんな気になりました。
寿命が、もしかして神様が授けてくれたご褒美なら、生きれるだけ生きなきゃね。
ラムはまだ寿命がありそうです。(^^♪


風花さんへ
フク似のラムだから、元気になってくれなきゃ困るわ。
でも迷惑そうな鳴き声も元気だし、その後の毛づくろいもベロベロだし・・。
ホント!猫は(人間もだけど)健康一番ですね。
ラムの健康復帰を横目で確認しながら、私も元気をもらっています。
ペラルゴニウム、鉢に植え替えて部屋に入れました。
そうしたら・・・花のツルがニョキニョキ伸びて来ました。
嬉しいな。


ぴゅーさんへ
実は毎日吐いていたんです。(-_-;)
オット曰くだけど・・動物はじっと動かずに体を治すのだそう・・。
「餌も食べずに?」
と聞くと「そうだよ」と答えてくれました。
その言葉で随分救われました。
今、私を見つめてるラムに「よ!」と声を掛けたんだけど・・・無視されました。
でもラムの毛の、その元気な色が嬉しい。


イクラさんへ
本当に不安だったけど病院へだけは・・・可哀相で行けませんでした。
ラムの回復力だけを願ってました。
でも覚悟してたけど不安が一杯!
初めてのことだったので、どうしてよいか分からなかったです。
オットが「こんなに早く老衰が来るんだな。」と言ったけど、私も老衰だなんて信じられませんでした。
もっともっと元気になってほしいです。


じゅんじさんへ
心配してくれてありがとう。
白っぽかったラムの毛が、今は元へ戻ってる感じがしています。
凄く嬉しい。
このまま戻ってほしいです。
2008/11/08 21:05  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
-  -
ラムちゃんが元気になりますように。麦さんの看病で
ラムちゃんも少しずつ回復されているようですね。
頑張って下さい。

2008/11/07 19:26  | URL | じゅんじ #-[ 編集]
-  -
ペットの餌に関しては、そう言えばアメリカでもありましたよネ。
元気無くなった理由は、餌かもしれませんネ~それとも庭の猫と相性の悪い草か花を食べてしまったか、どう見てもプリプリガッチリ体系のラムちゃんが老衰にはとうてい見えないのですが、、、。
まだまだ元気に庭を飛び回っていられるますヨ。
状況に変化ない時は、獣医さんに診て頂いた方が良いかもしれませんネ。
本当に言葉が通じないから、可哀想ですよね。
早く元気になれる様に祈ってますネ~麦さん頑張って~
2008/11/07 17:32  | URL | イクラ #-[ 編集]
-  -
ラムちゃん、そんなに具合が悪いとは!
週1-2回も吐くのは異常では?。でも狐猫のせいで外に出ないから麦草が食べれず、毛玉が溜まっていた?
アナタケ茶で水分補給できていて脱水症にならず、回復しつつあるようで、まだ心配ですが・・頑張ってね!!

隣の叔母が大量に除草剤をまくと言っていたので、気をつけなくちゃ!
ペットは「痛いよ~、苦しいよ~」と言わず、ジッと耐えるのが痛々しいです(涙)
 一時期3匹の雄猫が居て、缶詰の好みが皆違うのでドライフードは安売りの品を食べさせていました。
7才と9才の若さで2匹を腎臓病で亡くし、後で判ったことですがドライフードの高マグネシュームが雄猫は特に泌尿器を傷つけるのだとか。
早死にさせたのは、私の無知によるものです。
残っているサンも13才、2匹の分も長生きして欲しい!
サンも色々なドライを試して、SCIENCEDIET(アメリカ産)がお気に入り・大袋がお得なので4.5kgを買っています。
2008/11/07 14:52  | URL | ぴゅー #-[ 編集]
-  -
麦さん、大変でしたね。
まだ安心できませんね。
突然のことだとこちらも気持の準備ができていませんからなおさらです。

我が家のエンデの姉妹猫のモモは私が帰宅してドアを開けた時外に飛び出して10分くらいで戻ってきたときは息絶え絶えでした。
もう10年ほど前になるかな。まだ3~4歳でした。
どうやら除草剤か何かを口にしてしまったらしいのです。
私にしか懐かない、人見知りの強い美猫でした。


猫が農薬など毒を口にした時は卵白を無理にでも飲ませ、吐き出させると解毒できるそうですよ。
私は後で聞いたので間に合わなかったのです。

カバノアナタケ茶を飲めるんだからきっと回復しますよ。
頑張ってね。ラムちゃん、麦さん。
2008/11/07 13:06  | URL | 風花 #bHbAk02E[ 編集]
- じつは家は寅猫3匹いる。 -
母、私、娘も寅年
かなり気が強いと思われるかも知れないが
それぞれ違う面が頑固、気が向かないと、動かない。
母は仕事ではそんなことなかったが頑固ではある今も。
ラムちゃんは最強のライバルかもしれない。
2008/11/07 12:26  | URL | natuki #-[ 編集]
- 私は猫はいないが・・・・? -
とてもラムチャンが身近に思えます。
だって母が倒れたときに似てるから、
母もかなり嘔吐して動けなくなりそれで入院したのです。
ラムちゃんと同じように、具合が悪いへんなものまずいと本人が思ったものを食べると、必ずもどす母なのです。若い頃から薬も、年齢よりも少なめに飲まないと、むしろ胃に負担がきて今のラムちゃんみたいになっていました。
今も、食事の量は少ないです。大目に食べると、負担かかるからです。
でもカバアナタケの効果は絶大ですね。
母は車に酔っても同じようにご飯も食べれなくなり半日は寝込んでいました。
むしろ今の方が車には強くなった慣れて。
年取ると、色々あります。
私の父方の祖母も、足腰丈夫でぼけたから今の母をみるより大変でしたよ。
家の母もラムちゃんも、年齢より回復力あるようだから
ご長寿記録目指して祈りましょう。
今は見守ることしかできないです。

大丈夫がんばれラムちゃん!
8年前母も、点滴だけで持ち直した。
いつかは私たちも行く天国まだまだ早いぞ行くのは。
みんながラムちゃんを応援してる。

2008/11/07 09:44  | URL | natuki #-[ 編集]
- 辛いですね~~。 -
ラムちゃんも頑張ったし、麦さんもの心労は・・・想像に絶します。
麦さんの賢明な介護と、カバノアナタケ茶による水分補給が生命を支えてくれたんですね。
ラムちゃんはまだまだ自然治癒力があり、もちろん生命力もあったんですから・・・後は時間の経過でしょうか?
ご主人の言動は不器用だけれど、とってもラムちゃんの事を心配してると思いますよ。
早く回復して平均寿命を更新して欲しいです・・・。
最近の食の安全性を考えると、不安な情報ばかりで大変です。

それにしても、麦さんはとっても可愛い女性で魅力的ですよ~~!!
2008/11/07 07:06  | URL | フローラ #-[ 編集]
- ラムちゃん!頑張れっ!! -
麦さん、さぞかし不安だったでしょうね。。。
わざわざ、報告してくれて有り難う…。
読みながら、涙が止まらなくなりました。
同じ猫飼いだから、余計かな?もし、ラムちゃんがうちの子達だったら…もし私が麦さんだったら…。と、だぶって見えました。
だから、麦さんも凄く不安で、落ち込む毎日を過ごしたんだと思います。。。
何はともあれ、ラムちゃん少しずつ、回復してきたようでちょっとは、安心かな?

旦那さんの着眼点は、凄いですね!写真見て、ドキッとしました。
うちも同じ種類(ピンクの袋の毛玉ケア用)の、餌を食べさせてました。(時々、違うメーカーのも食べさせているので、今はたまたま、別餌ですが…。)
可能性があるとすれば、4小袋中、1袋だけに農薬?などの成分が入った物が、混ざっていたのかなぁ?
ありそうな話だけど、あくまで推測のお話です。うちも、早速、餌チェックしてみます。(見ても分からないか)(^-^;

ラムちゃん頑張れ(^O^)/
麦さん頑張れ(^O^)/
2008/11/07 04:52  | URL | くぅ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。