スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋の花と危機一髪?
2008/09/29(Mon)
bara0928a.jpg bara0928b.jpg
bara0928c.jpg bara0928e.jpg
今庭で咲いてる綺麗な薔薇。
上の名前は分からないけど、下はカクテル(左)とセント・セシリア(右)です。



hana0928d.jpg hana0928c.jpg
左はアガパンサスの白。右は段菊ですね~。
実は段菊、全く知らないうちに満開になっていました。(-_-;)
ああ、勿体無い。


hana0928a.jpg hana0928b.jpg
左は昔から咲いてる小菊。
右は昨年札弦の花友達から届いたカンナです。
床下に忘れてて・・・そのせいで開花が遅かったみたいです。(-_-;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さてさて続きです。

2つ目の幸運は帰り道でした。
オットとおじいちゃんが乗った車を先頭に、私とフジさんが乗った車が後から付いて行く格好です。
あれからもあちこち寄ったので、みんな(私だけ?)疲れていました。

日の出の喫茶店に差し掛かる頃、前方から数台の車が来ました。
その数台の車を目の端に入れながら、私は海の方を見ていました。
突然運転していたフジさんが・・。
「危ないバカ!」とか叫びました。
センターラインを超えてる対向車が目に入り、
前方のオットが、大きくハンドルを左に切ってその車を避けて・・・。
「居眠りだ!」
フジさんがそう叫んだ時、その車は真っ直ぐに私達へ向かって来ました。
ぶつかるんだと思いました。
でも・・ぶつかる寸前に、対向車がキー!と言う凄い音と同時に右にハンドルを切り、
フジさんは左へ大きく切ったのです。
私達の後ろを走ってた2台の車は・・・止まってたそうです。
・・・これが全てです。
ただこれにはいくつかの運が付いていました。

瞬間、オットの車の助手席に居たおじいちゃんも「あっ!バカ!」と叫んでたそうです。
対向車は2~30メートル先で急にセンターラインを割って来ました。
蛇行運転とかの前触れも無く突然に・・・。
オットの体が勝手にハンドルを切ったそうです。
でも一瞬、前は避けられたけど後ろはぶつかると感じ・・。
・・・・・「良かった!ぶつからなかった!」・・・と。
でもすぐに、「後ろの車は!。」とおじいちゃんが叫び・・。
バックミラーで私達の車の無事を確認したオットは「大丈夫だ!」と言いました。
でもその後は放心状態で運転し、気が付いた時は40キロの低スピードで走っていたそうですが。
私達もそれに続き、後続車も追い抜くことなく・・・皆で仲良く40キロ走行してましたね。(笑)

もしオットの車がぶつかってても後部側だけがぶつかってても、私達は駄目でした。
スピードを出していなかったのも幸運でしたが・・。(私達60キロ、相手80キロくらい)
車間距離をしっかり取っていたこともしかりです。
でも一番の幸運は、左に大きくハンドルを切った時でした。
そこには偶然に、道路の真ん中まで来てた車を回避できる広いスペースがあったのです。
(多分、以前あった夕焼け蟹蟹への入り口?)
それが無きゃひっくり返ってましたね。(笑)
フジさんはその時とっさに、ハンドルを右に切るか左に切るが考えてたそうですよ。
オットに言わせれば「考える暇があるだけいい!」だそうですが・・・。(笑)

後で話し合った皆の想像ですが・・・。
ハンドルを切ったのは助手席の人だったのかもしれません。
男性2人が乗っていたのをフジさんが覚えていました。
ブレーキもかけずにハンドルを切った・・・そんな凄い音だったもの。(-_-;)

フジさんが場慣れしたプロの運転手だったことも幸運の一つでした。
貸切の遠出は日常茶飯事、危ない瞬間は数知れず、そして30年間の無事故。(無違反は?)
私の運転ならもちろん死んでましたねー。(笑)
「助かった命だから、これからは命を大切に生きてこうね。」
と、私は臭い言葉を吐いていましたが・・・。

対向車はその後、徐行運転をしてたそうです。
でもオットもフジさんも、追いかけませんでした。
オット:「追いかけて怒っても、怒鳴るだけ疲れる。皆が無事だったし。」
フジさん:「車が擦られたんなら追いかけるけど、何とも無かったからね。」
きっと疲れてたからそれ以上の行動をしなかったのかな?
じゃなきゃ・・・血気盛んな初老だもん!(笑)


全てが終わった時。
「トモ(オット)、良く回避出来たな~~~。」っと、
しみじみ言ってたフジさんの言葉が今も耳に残っています。
来週も行く予定だから、行き来の現場検証でもしてみようかな?(笑)

以上!


Banner_02_2  

Raizrogo_3




スポンサーサイト
この記事のURL | 庭の花 | CM(10) | ▲ top
<<昼寝していた蜂 | メイン | 舞茸採りへ・・・その2>>
コメント
- ぴゅーさんへ -
免許更新ご苦労様!
でもゴールド免許なんでしょ?(*^_^*)
今回のことで、事故が起こる起きないは紙一重なんだと心底実感しました。
それには車間距離と法定スピード。
「法定スピードって、あれは事故を回避出来るスピードなんだって今回のことで実感したな。」
そう言ってましたよ、オット。
今までは「俺の前に車は居ない。」とか言ってましたけどね。(笑)

2008/09/30 22:32  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- かなっぺさんへ -
そう!お母様のおっしゃるとおり。
神様は誰の心の中にも居ると思うわ。
宗教は信じない方だけど、神様の存在は信じています。
自然とか人間とか宇宙とか・・そんなのが何も無しに出来あがったなんて、そっちの方がよっぽど不思議だもの。(笑)

この頃はかなりスローな生き方をしています。
何を言われても動じず、何があっても動じず、オーダーが溜まっても動じず。(笑)
そうじゃなきゃ神経が動じちゃそうな今日この頃なんですゎ。(-_-;)




2008/09/30 22:25  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- natukiさんへ -
natukiさん、事故に遭ってたんだ!
凄いな、本当に頑張りましたね。
事故は怖いです。

あの瞬間に遭遇した他の人たちも、きっと安全運転を心がけようと思ったはず。
そうそう!
今回事故回避出来た要因のひとつは、多分ガソリンの値上だと思うわ。
前は結構スピード出してたんだよ、オットもフジさんも。(笑)


2008/09/30 22:13  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- さっちんへ -
あれから3日間は、折さえあればこの話でしたね。(笑)
本とうに怖かったです。
その次の日は、転勤になるオットの友人の送別会が予定されてました。
あまり眠れなかったのに仕事が忙しくて・・。
ご馳走作る時には体がフワフワしてましたね。(笑)
でも楽しかったです。

ガードレール・・・は無かったはずだけど、近くに橋があったのかな?
「橋だったら駄目だった。」って何度も何度も言ってたもの。
2008/09/30 22:04  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- 風花さんへ -
本当に神様には感謝しましたね。
あの夜は、寝ついて一時間後に目覚めてしまいました。
その後は眠れずに悶々。(-_-;)
仕方ないので眠剤飲んだけど、ほとんど眠れませんでした。
かなりショックだったんですね。(笑)
現場検証、車の中から写真撮るだけ・・・降りるのはちょっと怖いです。
2008/09/30 21:55  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- 怖い~! -
麦さん一行の無事と幸運・運転手の良き判断!
多くの神々に感謝しましょう!

東京に住む義姉達が十勝に来て、少し遠出すると
「何処まで続くのこの真直ぐな道?、さっきの信号から何十分も信号ないよね!」と言う話が出てきます。
北海道は広い・そう何も無いから運転手は眠くなってしまうのです。
運が悪ければ、対向車が大型だったり・路肩に落ちた所に電柱があったり・無くても頚椎骨折で即死、身近に沢山の悲劇が起きています。
やはりスピードの出し過ぎが一番危険でしょう!
「ハイ!私、気をつけます!」明日、免許の更新に行ってきます。

段々に咲くから段菊なんですねぇ!初めてみました。
麦さんの庭の殆どが初めて見る花、そして昔を思い出させる懐かしい小菊

春のカランとした庭の何処にこの薔薇やお花達は隠れていたのでしょう?
2008/09/30 20:11  | URL | ぴゅー #-[ 編集]
- ほっ -
あ~~~ 本当に良かったです。
読み進むごとに、胸の鼓動がドキドキ、、

ぶつからなくて良かったーーーーっと、思った瞬間に、
母が良く言っている・・・
『神様は・・・宗教がどうこうでは無く、自分の心の中にいる。』
と言う言葉を思い出して、ご主人様のなさったこととか、
いらした4人の方達の日頃の行いをご覧になっていた神様が、
助けて下さったのだわ~と、心から思いました。

私も行いを良くしないとね。

風花さんの仰るとおり・・・
相手も、周りの方も、皆様に助けられたのですよね。

あ~~~ 良かった!!!
2008/09/30 13:35  | URL | かなっぺ #ZJc/.M/s[ 編集]
- ワー!強運ですね。 -
そんな事まであったのですか。守り神様絶対付いてますよ。全員に。
直線はどうしても疲れていると、居眠りは出ちゃうと思うし。
本当に全員無事でよかったです。相手方も、助手席ノ人の機転で、良かったよね。
1つタイミングずれても、きっと誰かが怪我どころか事故で命なくしかねないですもの。

実は私ももう4年たちますが
車と出会いがしらぶつかり怪我してます。
私も強運だったのかも、
私は自転車で左に曲がり相手は急ブレーキで何とかとまってくれたのですが私の右腕に自動車左前の角が当たり
右上腕が折れた。それ以外はなんともなかった。
本当に骨真っ二つになって金属の棒入れてボルトではとめたがその後のリハビリもあり、現在は元道理になっています。
初めは重いものもてなかったが今は全然大丈夫です。

しかし
段菊って不思議な花ですね。
初めは変な花が風で飛んできて咲いたなと、後で色違いのピンクの花売っているのを見て
こういう花なんだって思いましたもの。
2008/09/30 07:03  | URL | natuki #-[ 編集]
- ともあれ、ホッ -
うわあっ、事故を回避できて、ほんとによかった!!
充分な車間距離、これ、ほんと大事なことですよね。
私も、たまに高速道路走るときは、あけ過ぎるくらいにあけて走ります。
何があるかわからないですもん。
中央分離帯のない道路だったんですか。
ハンドルは、やっぱ右は怖いから、左に切るでしょうが、
ガードレールにぶつかるか、路肩から落ちちゃうかって想像しちゃいました。
そこに広いスペースがたまたまあったなんて、
やっぱ神様のお助けがあったとしか思えませんね。
そのあとのドキドキはわかります。
フラッシュバックとかなかったですか。
平常心を取り戻すまで、ずいぶんかかったでしょう。
ひとつまちがうと、車は熊より怖い凶器だから、お互い気をつけなくてはね。
来週もお出かけというと、今週のお休みは純粋にお休みになれるのかな。
また台風も近付いてるようですが。
2008/09/30 00:11  | URL | さっちん #-[ 編集]
- よかった -
ご無事で何より!
これも日頃、徳を積んでいるおかげでしょう。
徳は天に積めと言うそうです。
しかもメンバー全員が揃ってそうだったんじゃないかな。
これが全員無事、相手も無事、周りの人も無事という展開だと思うわ。

そこの場所の難を逃れたわけだから、次に行ったとき下りてわざわざ検証をしたりしない方が無難かと思いますよ。
君子危うきに近寄らず。
危ないところには自分から近づいて行かないことだと思う。
次回の無事もお祈りしてますよ。
無理しないでね。
2008/09/29 23:55  | URL | 風花 #bHbAk02E[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。