スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クレマチスの学習講座?
2008/05/30(Fri)
花の季節がやってまいりました。
今年もブログランキングへの応援クリック!よろしくお願いいたします。

Kure0530d
さてこのクレマチス、早咲き大輪系のドクターラッペルです。
普通パテンス系は弱剪定でツルは残すとありますが・・・。

このドクターラッペル、かなり深く植えています。
昨年はヒョロヒョロ玉の花が数輪咲きました。
今年に期待してツルをあまり切らずに越冬させたのですが・・・。
雪融け後には全部のツルが枯れていました。(-_-;)
でも・・・その後。
5月になって、何も無い地面から伸びたつるがこれです。
短いのも入れて数えてみたら、9本もありました。
しかも蕾が付いています。
パテンス系・・・・強剪定でも大丈夫だと思います。
(モンタナ系とアトラゲネ系は、間違ってもツルを切っちゃ駄目よ)



Kure0530b_3 Kure0530c_2
そしてこっちは、同じパテンス系の柿生です。
切れやすいツルなのか、昨年は地際10センチで切れていました。
それでも残った10センチのツルから新芽が伸びて、見事咲いてくれたのですが・・・。
今年はもう大丈夫だと安心していたのに・・・・がーん\(~o~)/でした。

でもドクターラッペル同様、地面からニョキニョキツルが出て来たのです。(^^♪
凄いな~何本あるんだろう?
しかも右画像・・・残ったツルは全部枯れていたのにですよ。
そう言えば、これもかなり深植えにしてありました。



Niwa0530a
そしてそして、これもそうです。
同じパテンス系のレッドパール。
昨年はツル下げをしたくらい、越冬したツルから沢山の新芽が伸びました。
なのに今年は全部枯れて・・・。
でもこれが地面から出たツルです。
(3分の1は一緒に植えてあるビチセラ系のツル)

でも私は専門家じゃないので・・・ツルを切る切らないは、どうぞ慎重にお願いしますね。



Kure0530a
さてがらりと変わって、こちらはガンジークリームです。
嬉しいことに始めてツルが越冬しました。
その結果がこの凄まじさです。
そろそろ蕾が大きくなって来たんだけど・・・いったい何本あるのでしょうね。(^^♪

ガンジークリームの後ろに見えるのはアルピナウイリーです。
今年は去年より蕾が少しだけ多いかな?



Niwa0530b
庭全体を見るとまだこんなです。
でもアーチのモンタナは蕾がいっぱい!
あまり大きくしたくないので、花後は半分に切っちゃおうとハサミを磨いで待ってる
ところでありますが・・・。(笑)



Bara0530a Bara0530b
今日最後は薔薇です。
地植えの薔薇も数株、枝が枯れてしまったのですが・・。
これは本当にひどかった。
樽に植え、昨年はパオパオで包んで越冬させました。
でも今年は何もしなかったので、その報いか枝が全部枯れちゃったのです。

されど、あぁ! 天は見捨てはしなかった。(笑)

地際ぎりぎりから、沢山の新芽が伸びて来ました。
さて・・・どうなるかな?



こちらは麦(管理人)の健康秘密兵器です。
どうぞカバノアナタケのサイトをご覧下さい。
自分で販売しています。

スポンサーサイト
この記事のURL | クレマチス | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<オットが引きずって来た流木 | メイン | 大きな花が期待されるクレマチス>>
コメント
- natukiさんへ -
私も何個かの鉢でツル下げをやってみました。
地植えなら自由に伸ばせるけど、鉢植えは規制されるものね。
でもベルオヴはツル下げした方が良いです。
二番花が咲く頃には伸びすぎちゃうもの。
うちのベルオヴ、あまり期待してなかったけど、ニョキニョキ伸びてきています。
全部根元から伸びているので、ツル下げは無し。
今年は楽チンだったわ。(笑)
ビルドリヨン、もしかしたらうちのとnatukiさんのと花が違うかも。
咲いたら分かるので、もう少しだけ待っててね。
2008/06/01 20:30  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- ベル・オブ・ウォッキングつる下げやってみました。 -
ビルドリヨンも竹にからませてあったので、
からんだツルをそうっとはずさないで、低くなるように、下げてみました。
うまく行くかな。
さし芽にも、挑戦してみます。
ビルド・リヨン失敗した時に、麦さんに頼もうかな。
2008/06/01 11:21  | URL | natuki #-[ 編集]
- フローラさんへ -
オットのコメントのケーキはチーズケーキかな?
その頃は数種作っていましたが、今は2種類だけです。
本当は私、ケーキ作りは得意じゃありません。
大雑把だし、言われているようにしっかり分量を量って・・・・・いません。(笑)
味は舌の感覚のみ、後はケセラセラです。(*^_^*)
そして一番大事なのが原料ね。
良いものを使えば、大雑把に作っても美味しいのかも。(笑)
つる下げは、本来伸びた弦を地際まで下げて、そこから新しく伸びるツルをあまり上まで伸ばさないようにする事かと思います。
私とbekoさん流は、下げたツルを土に埋めてそこから新しい根を出さすやり方です。
でもそうすると、伸びるツルの量がかなり増えるので覚悟が必要かも・・・。

2008/05/31 21:49  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- ぴゅーさんへ -
今年死んでしまったと思ってたパテンス系の花、根はしっかりしてたので大きなコンテナから鉢に植え替えていました。
でも心配になって鉢から取り出してみたら・・・。
下のほうから2本の白い芽が伸びていました。
植え替えは、宿根草もクレマチスも冬眠に入る晩秋か、早春がお勧めです。
少しくらい(かなり)根を切っても大丈夫です。
宿根草に重きを置くなら早春が良いかな?
挿し木、花後の剪定で切ってしまったツルを土に挿して置きました。
そのまま越冬して・・・ほとんど根付きましたよ。
やってみてくださいね。
2008/05/31 21:39  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- chikoさんへ -
やっぱり決まるんですね。
時々お邪魔してたから海外赴任は知ってたんだけど、そんな寒いところとは知りませんでした。
でも大丈夫、人間は適応力が備わってますからね。
寒がりの私でも網走に住んで行けてるんだもの。(*^_^*)
それに寒い国に行ったら、アトラゲネ系が大きく育ちますよー。
その時は是非、ブルーダンサーを育ててくださいね。
実は今までで一番感動した花なんです。(笑)

2008/05/31 21:31  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- bekoさんへ -
べこさんの友人がやったつる伏せ?あれも凄いよね。
うちではウェッセルトンとローソニアーナ辺りが成功しそうです。
ドクターラッペルも、出ているツルの手前にもうひとかたまり出そうな雰囲気なのよ。
深植えすると深、植えした分のツルだけでも沢山咲くみたい。
ほんと、寒い北国向きの植え方かもね。
樽植えのピンクファンタジー、まったくツルが出てこないのです。
何回もほじほじして見たんだけど、根はしっかり生きている・・。
下の方から忘れた頃に出てくると思ってそのままにしてあります。
出たら報告するからね。
2008/05/31 19:46  | URL | 麦 #B7q/.fmY[ 編集]
- 参考になりましたm(__)m アリガトォ -
今朝は2度でした・・・4時からお花のボランテアに行きましたが、パンジーの花柄摘みをしていて、寒さと冷たさでまるで冬かと錯覚しそうでした。

ツル下げってどうするんですか?
麦さんのブログで学習し、深植えは実行していますので、今迄は失敗してません(..;)
昔タ○イさんから「、お買い得5本セット」で購入して、品種も解らず(麦さんのブログに出会ってなかった)毎年強剪定してたので花数が数個しか咲かず、弱剪定と気づいて・・・昨年から弱剪定にしたので今年は楽しみです~~。

見慣れたラムちゃんの後ろ姿(お尻)、ステキなガーデン見ましたよ!!
ボリュームのあるカレーは勿論ですが、マスターのコメントの手作りケーキとは何ケーキですか?
なかなか主人の都合が・・・。
2008/05/31 14:06  | URL | フローラ #-[ 編集]
- 強い!! -
色々と詳しい説明ありがとうございます。

それ程深植えにしなかったし、周りに草花を植えてしまったので
晩秋の頃までに順次土を増して行こうかな!

地上部枯れるなら、剪定して挿し木にも挑戦してみますね!(ふむふむ2節ね・・)
2008/05/31 11:15  | URL | ぴゅー #-[ 編集]
-  -
お久しぶりです!
おお~。見事ですね!
やはり、地植えは(鉢も)深植えが基本ですね。
地上部が枯れても、必ず出てきてくれます。

今度ね、海外赴任が決まりそうです。
そこは一年の殆どが冬で。
冬の気温はちょうど麦さんが住んでいらっしゃるあたりと同じじゃないかなぁ・・。
わたしに住めるだろうか。寒さに慣れてないもの。
大丈夫かなぁ。
2008/05/30 22:51  | URL | chiko #JalddpaA[ 編集]
- 学習しました -
さすが師匠!パチパチパチe-280
大変よく分かりました。
でもこれって北海道版地植え限定方法かもね。(^・^)
深植えしてあると埋まってる蔓の節は旧枝なのでそこから出てきた花芽はやっぱり旧枝咲きなのです。と誰かに(杉山さん?)聞きました。
それにしても太い蔓だねぇ・・・(羨)
2008/05/30 22:22  | URL | beko #fgDLzrWs[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mugiramu.blog37.fc2.com/tb.php/308-4a9b3bd9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。